mukumuku4040 のすべての投稿

むくみが気になる方が試したい対策

027
むくみが気になるという方は、むくみが起こるメカニズムを知って対策する事が望ましく、主な原因としては体の水分調整が上手く働かない状態によって引き起こされるものです。

太っていると思っていたら脂肪ではなく、むくみだったという例は多々あり、腎臓機能が低下した状態ではむくみが酷くなる傾向にあり、体に溜まる余分な水分ろ過の為には腎臓の働きを高める事が必要になります。

暴飲暴食してしまった翌日は、顔や足がパンパンにむくむという方が居ますが、油っこいものを食べたりお酒を沢山飲んでしまうと、余分な水分をおしっことして出す力が衰えてしまい、かれは加齢に従って顕著になるものです。

人間の臓器は加齢と共に機能低下していくのは自然な流れであり、生活習慣の乱れはむくみを引き起こしやすくなりますから、腎臓機能を高める栄養素を摂取したり、運動を取り入れてむくみ対策を行う事が必要になります。

しじみを始めとする魚介類や海藻類は腎臓機能アップに繋がりますから、積極的に摂取したいものであり、豆類にも解毒や利尿作用があるのでむくみ退治に適した食材です。

飲み物としては尿をアルカリ化してくれるものが適しており、クエン酸が入った梅のジュースや黒酢は有効と言えます。

運動に関しては体に余分な水分や脂肪を溜めない上でも有効であり、激しくトレーニングする必要はなく、あくまで適度に汗をかく程度の運動を続ける事が重要であり、顔や足のむくみが取れて腎臓の機能アップにも繋がるものです。

ジョギングも辛いならウォーキングでも継続的に行うと有効であり、血行を良くする動きを生活の中に取り入れていく事が必要になります。

血流改善を行う事で栄養分や老廃物が流れやすくなりますから、腎臓や肝臓のように毒素を外部に排泄させる臓器にとって有益であり、結果的にもむくみを無くす事に繋がるものです。

これらの事を意識した上で生活習慣を見直していくと、慢性的にむくみに悩んでいた方でも改善出来る可能性が高いです。

むくみの解消に効果的な栄養素

022
身体の各部がむくんでしまう悩みを持つ人は、現代人に非常に多いと言われています。むくみは過剰な水分や、老廃物がたまってしまうことにより引き起こされます。こうした原因は運動不足や睡眠不足といった生活習慣の乱れにより引き起こされます。生活習慣が乱れやすい現代人にむくみが多いことも納得できます。

むくみを解消するには生活習慣を正すことも重要なのですが、仕事などの関係で改善しづらいことも事実です。実はむくみの改善に有効な栄養素があります。まずはこれらの栄養素を食事に取り入れることで身体の内側から改善してはいかがでしょうか。

むくみで困っている方へおすすめのサプリメントは

むくみは水分と老廃物の蓄積により引き起こされます。これらを排出してくれる働きを担うのが全身を巡っている血液です。血液には酸素や栄養を運ぶだけでなく、老廃物を運ぶ働きを担っています。まずは血液のめぐり、血行を良くすることが重要です。

血行を良くするためには、ドロドロの血液をサラサラの状態に変えることが大切です。ドロドロの状態では血管の中をスムーズに流れることができません。血液をサラサラにする栄養素として重要なのは食物繊維です。ドロドロの血液には脂肪がたくさん溶け込んでいます。これら脂肪の血中濃度を下げることで血液はサラサラになります。食物繊維は小腸で脂肪を絡めとって、そのまま便として排泄してくれます。吸収する脂肪の量が減るので、血液の中に取り込まれる脂肪の量も減らしてくれます。

血行が良くなることで老廃物はどんどん排出されていきます。次に重要なのは過剰な水分を排出することです。水分の排出にはカリウムと言う栄養素が重要になります。

カリウムは利尿作用のある物質で、身体に溜まった水分を尿として体外に排出してくれます。尿は効率良く水分と老廃物を排出してくれる重要なシステムです。カリウムの摂取によってこれを精一杯利用しましょう。

食物繊維とカリウムの摂取によって、身体に溜まったものは綺麗に掃除することができます。むくみ対策の第一歩にこれらの栄養素を摂取してみてはいかがでしょうか。

妊娠中のむくみを解消する方法

025
妊娠を望む女性にとって赤ちゃんができることはとても喜ばしいことですが、妊娠は女性の身体に様々なマイナートラブルを引き起こします。その中でも、妊娠中のむくみは多くの人が経験します。妊娠中は女性ホルモンの影響を受けて水分を体内に蓄えやすくなることや、子宮が大きくなることで静脈を圧迫し血行が悪くなることが原因です。足がむくんで歩きづらかったり、顔が目に見えてむくんで腫れているという不快な妊娠中のむくみを改善するための方法を紹介します。

足の血流を良くするためにはウォーキングがとても効果的です。足は第二の心臓とも言われますが、妊娠中はお腹が大きくなることで、足の血管を圧迫して血流が悪くなりこのポンプ機能が鈍くなってしまいます。お腹が大きいと動くことが億劫になりますが、極端な運動不足は身体の血流を悪くしむくみの症状を酷くしてしまいます。出産に必要な体力をつけるためにも、ウォーキングのような適度な運動は必要です。

食生活を見直すことも大切です。腎臓は体内にある老廃物や汚い水分を濾過する働きをしますが、妊娠中は赤ちゃんの分の血液分も増えるため腎臓にいつもより大きな負担がかかります。ここに塩分の高い食事を摂ると、腎臓の機能が追い付かず水分が体外に排出しきれずむくみを引き起こします。妊娠中は、塩分は控えめに腎臓の働きを助けるビタミンCや不要な水分を体外に排出してくれるカリウムを積極的に摂りましょう。

また冷えには気を付けましょう。身体が冷えると血流が悪くなり体内にどんどん不要な水分を蓄えてむくみが出やすくなってしまいます。血流の滞ると必要な栄養が赤ちゃんに届きづらくなってしまいます。毎日温かいお風呂につかる、夏でも冷房はかけすぎない、腹巻をする等冷え性対策をしっかりとしましょう。

妊娠中のむくみは放置すると、妊娠高血圧症という怖い病気のきっかけに繋がってしまうこともあります。むくみを改善することはて、お母さんが健康的にマタニティライフを送るためにも、赤ちゃんが元気に生まれてくるためにも大切です。

痩せすぎも浮腫みを招く

043
浮腫みに悩んでいらっしゃる女性はとても多いと思います。
浮腫みと言えば、長時間立っていたりして足に水が溜まってしまったり、水分や塩分の摂りすぎで体が水を溜めやすくなってしまったり、他には、冷え性や運動不足のために血行が悪かったり、このようなことが原因で引き起こされることは、すでに良くご存じのことと思います。

言葉のマジックのようですが「浮腫みで足がパンパン~」という、この「パンパン」というフレーズのせいで、運動不足であったり、味の濃い、塩分過多の食事を好むような、どちらかと言えば「肥満体質の方」が浮腫みという問題を抱えている、と思われがちだと思います。

しかし、とても細い体で、細い足をしている方も、浮腫みを抱えているのです。

痩せすぎも浮腫みを招く、というお話をご紹介させて頂きたいと思います。
いわゆる、「痩せすぎ」の方は、大きく2つの理由で浮腫みという問題を抱えています。

1つは、痩せすぎることによって、脂肪だけでなく、必要な筋肉まで落としてしまったことが理由として挙げられます。

足の筋肉はポンプのような役割を持っており、その役割を果たす筋肉が無くなってしまったことで、足から水分、あるいは静脈から血液を引き戻せなくなるため、浮腫みという症状が引き起こされてしまうのです。

もう1つは、更に深刻で、痩せすぎによって、「低アルブミン血症」という状態になってしまった場合です。

「低アルブミン血症」とは、「低タンパク血症」のひとつです。

つまり、痩せすぎたことによって、体内の血液中に含まれるタンパク質の濃度が低下してしまった状態に陥ってしまうのです。

アルブミンは、毛細血管を通して体の水分を中へ引き込んだり、外へ出したり、調節する役割を担っています。

そのアルブミンがふそくしてしまうと、その調節機能がうまく働かず、余分な水分が流れ込み、溜め込まれてしまいます。これによって、浮腫みが起こってしまうのです。

このように、栄養失調によっても浮腫みが引き起こされてしまうのです。
浮腫んでいるからといって、過度なダイエットが足を細くするわけではありません。

必要な筋肉を保持し、適度な運動を心がけ、健康的でいることこそが、浮腫みの改善の早道なのです。

飲み物で簡単、むくみを解消!

038
女性が悩みがちな足のむくみ。靴が入らなくなったり、足がパンパンになったり。悩んだことがある方も少なくはないですよね。帰ったらマッサージをしようと思っていても、むくんだ足を見るたびになんだか憂鬱になってしまう人もいるはずです。それにできればむくみは防ぎたいですよね。むくみを予防できる簡単な方法を紹介していきます。

簡単に摂取できるものと言えば飲み物。実はむくみは飲み物で予防と改善をすることができるんです。むくみの原因のひとつに、血中の水分が多いことがあります。そのせいか、水分摂取は避けがちですよね。まずはむくみにいい飲み物の種類について考えていきましょう。むくみの予防に適しているのは、余分な水分を出すことです。ミネラルのたくさん入った飲み物は余分な水分を排出してくれるため効果があるとされています。例えばたんぽぽコーヒー。たんぽぽの強い利尿作用が、余分な水分を排出してくれます。さらに血液の循環を促すたんぽぽの成分は血行をよくする効果があるので、むくみに効果的です。そして冬などの寒い時期にオススメなのはしょうが湯です。しょうがは体を温めてくれますよね。さらに血行をよくする効果もあるんです。

次に飲むタイミングです。実は気づかないうちに体内の水分は失われています。水分の摂りすぎはむくみの原因になりますが、水分が少なくなってもむくみの原因になり得ます。つまり水分摂取はむくみ対策の鍵なのです。朝起きたらコップ一杯分を飲む。昼食を食べながら一杯。入浴前、入浴後に一杯ずつ飲む。寝る前にも一杯。このように、飲み過ぎない程度に最低でもコップ一杯分飲めば効果があります。

さて、むくみを予防する飲み物について関心を持っていただけたでしょうか。砂糖の多く入ったジュースなどは、水分をため込んでしまいます。また冷たい飲み物は腎臓に負担をかけ、水分の排出を遅らせてしまいます。これらの飲み物は避けたほうがいいでしょう。飲み物を効果的に摂取して、むくみのない生活を目指しましょう!

腎臓を元気にしてむくみを改善

腎臓とむくみの関係を考える女性
冬になると足がむくみやすくなります。冬場にむくみやすくなるのは身体の臓器の一つである腎臓の働きに関係があるからです。

むくみは身体に過剰な水分や老廃物が溜まることで生じます。むくみの解消にはこれらの老廃物を体外へ排出することが重要になります。逆に老廃物を排出する力が衰えると、身体はむくみやすい体質へと向かっていってしまうのです。
老廃物を排出する働きを担ってくれている臓器の一つに、腎臓があります。腎臓は血液中の水分や水溶性の老廃物を尿に変えています。腎臓の働きが弱ってしまうと、尿の生産量が減り身体に水分が溜まりやすくなります。

尿の他に水分や老廃物を排出する方法は幾つかあります。その代表的なものは便と汗です。老廃物の排出は尿、便、汗の3つの方法で担っていっていると言えるでしょう。この中でも尿は水分を排出する効率が良く、むくみの解消に重要です。

腎臓は寒さに弱く、冬には働きが弱ってしまいます。これは尿を排出することで体内の熱も一緒に失ってしまうからです。尿は体温調節の役割も担っており、夏場に体温が上がりすぎないように調節してくれます。しかし冬になると体温は常に下がってしまう危険性があるため、尿を減らそうとするのです。尿を減らすことで体温の損失を抑えることはできますが、水分と老廃物は溜まりやすくなります。このような理由で冬場はむくみに悩む人が増加するのです。

それでは冬場のむくみ対策に腎臓を働かせるにはどうしたらいいのでしょうか。1番良い方法としては、身体を温め、冷え性を改善するということです。腎臓は冷えを嫌います。現代人は運動不足によって代謝が低下していて、冷え性の人がとても多いです。適度な運動や、身体を温める食品を摂取することで冷え性を改善しましょう。

冷え性を改善することができれば、腎臓は体温の損失を恐れずに存分に働くことができます。腎臓を元気にしてあげることで、むくみを解消して、今年の冬を元気に乗り越えましょう

運動不足とむくみの関係

048
現代人は様々な体調不良に悩まされています。ストレスや食事など様々な要因がありますが、適度な運動により健康を取り戻すこともできます。運動により改善する症状の一つに身体のむくみがあります。むくみは女性に多く、手足の膨張感が気持ち悪い不快な症状です。

むくみは身体に不要な水分や老廃物がたまってしまうことで引き起こされます。解消するためにはこうした水分と老廃物を流して、排出することが大切です。運動はたまった水分と老廃物を流すことに一役買ってくれます。

運動することにより、血液の流れが良くなり老廃物を流してくれるのです。また運動は代謝を活発にしてくれるので、血行を改善し水分を消費、体温の上昇を助けてくれます。体温が上昇するとさらに代謝が活発になるので、老廃物を排出する好循環を生み出してくれます。

しかし運動というのは多くの人にとって非常に面倒臭いものです。スポーツジムに通ったり、プールで泳いだりといったイメージが多いのですが、こうした本格的なものに取り組まずともむくみを解消することはできます。

オススメの運動はウォーキングです。ウォーキングならスポーツウェアに着替える必要もありませんし、ジムに通う必要もありません。特別なコーチも必要ないため、費用もかからず今すぐにでも始めることができます。

ウォーキングは血行の改善に非常に効果があります。足を動かす運動なので、血行が良くなりやすいのです。足には大きな筋肉が集合していて、さらに身体の下の方にあります。身体の下の方には重力により老廃物が溜まりやすいので、足を動かすことにより効率的に老廃物を流すことができるのです。

もちろん他の運動でもむくみの改善には効果があります。一番重要なことは継続することです。むくみというのは生活習慣から引き起こされる症状の一つです。運動不足という悪い生活習慣を改善することで、症状と別れることができます。特別に厳しい運動は必要ありません。毎日続けることができる、自分にあった運動を選びましょう。

むくみの原因とむくみに効くツボ

むくみの原因に驚く女性
むくみは健康な人でもなるものです。

むくみは血液の循環が悪くなった時になってしまうものです。長い間立っていたりすると重力によって血液が足に溜まってしまいます。一日立ちっぱなしの仕事をした後にむくみを感じたらそれが原因となります。

運動不足や冷え性などの血液不良でも起こります。足の筋肉の衰えによって足に水分が足りなくなってしまうのです。

水分や塩分を摂りすぎもむくみの原因になってしまいます。血液中の成分が増え余計な水分がたまりやすくなるのです。

他にも肝臓や腎臓の病気なのでむくむこともあり、むくみは日常生活をしていて様々な原因が考えられるのです。普段と変わらない生活をしていて突然足のむくみが出たり、長い間むくみが続く場合は病気の可能性もあるので病院を受診して診察してもらいましょう。そうでない場合は自分でマッサージを行ったりツボを押してみたり、横になったときに心臓より足を高くして寝ると足の血液の循環をよくしてあげるなど、セルフケアを行っていきましょう。

足のむくみに効くツボとしては、足裏の中央にあるツボ(足心)を押すのが効果的です。痛みを感じる程度まで親指で強めに押してからゆっくり離します。左右とも10回ほど繰り返して刺激をすると良いです。

続いて左足の中指と薬指の間からかかとへ5センチほど下にあるツボ(心臓)。右足にはありませんので左足のみとなります。親指を当てて足の甲側から残りの指で支えて挟み込み押しほぐします。

足裏の中指の下あたりに足を丸めた際に中心により上にくぼみができる場所にあるツボです(湧泉)。手の親指の腹を使って強めに3秒間押し続け指をゆっくり離して3秒間待つという動作を暖かくなるまで続けます。

足首の下にある内くるぶしの斜め下内くるぶしとかかとのちょうど間にあるツボ(水泉)。両手で包み込むように足首を抱え親指を当て軽めに優しく揉みほぐします。1分程度押し続けゆっくり離す動作を左右とも5回ぐらい繰り返してください。

ツボの場所を覚えるまでは難しいかもしれませんが覚えてしまえばそれほど時間のかかることではありませんし、入浴中やテレビを見ながらなど、隙間時間にできるためおすすめです。ぜひ試してみてください。

むくみにくい生活を送ろう

047
むくみは特に脚や顔に出やすいといわれています。脚や顔にむくみが出ていると、見ていてあまり気持ちのいいものではありません。出来れば、むくみは避けたいと思うものですね。

むくみは、生活習慣をしっかりとすることでむくみにくくなると言われています。早寝早起きや、規則正しい食生活を送るなどして、むくみにくい身体を目指しましょう。

寝る前に水分や塩分をとりすぎると、むくみの原因になってしまいます。適度な水分補給は大事ですが、水分補給をする時にはこまめに行うようにする事が大事だと言われています。

汗をしっかりと流すこともすごく重要になり、適度な運動も必要です。ウォーキングやジョギング、水泳など、有酸素運動を積極的に行うようにします。半身浴などをして、余分な水分を積極的に排出するのもすごくいい方法だと言われています。

自分の身体はむくんでいないかを知るのもすごく大事です。そして、むくんでいる時には、そのまま放置をせずに、リンパマッサージなどを行って血流をよくすることもすごく大事だと言われています。

むくみはその日のうちに取っておくことがすごく大事だと言われています。その日のうちにむくみを取っておくことによって、むくみにくい身体を作ることが出来ると言われています。

顔のむくみには、スキンケアをする時にマッサージを行ったり、脚のむくみの防止には、脚を高く上げる方法もあります。寝る時に脚を高く上げることによってむくみにくくなるとも言われています。

また、枕がちゃんとあっていない時にも、むくみの原因になると言われています。自分にしっかりとあった枕を選ぶこともすごく大事です。

むくみは放っておくと、慢性化してしまうので、生活習慣の中で、少しでも気になるところがあれば、一つずつ改善していくようにするといいですね。

少しずつ改善していくことで、どんどんむくみ解消につながっていくのです。そして、健康的な身体を目指すことが出来るのです。