むくみの原因とむくみに効くツボ

むくみの原因に驚く女性
むくみは健康な人でもなるものです。

むくみは血液の循環が悪くなった時になってしまうものです。長い間立っていたりすると重力によって血液が足に溜まってしまいます。一日立ちっぱなしの仕事をした後にむくみを感じたらそれが原因となります。

運動不足や冷え性などの血液不良でも起こります。足の筋肉の衰えによって足に水分が足りなくなってしまうのです。

水分や塩分を摂りすぎもむくみの原因になってしまいます。血液中の成分が増え余計な水分がたまりやすくなるのです。

他にも肝臓や腎臓の病気なのでむくむこともあり、むくみは日常生活をしていて様々な原因が考えられるのです。普段と変わらない生活をしていて突然足のむくみが出たり、長い間むくみが続く場合は病気の可能性もあるので病院を受診して診察してもらいましょう。そうでない場合は自分でマッサージを行ったりツボを押してみたり、横になったときに心臓より足を高くして寝ると足の血液の循環をよくしてあげるなど、セルフケアを行っていきましょう。

足のむくみに効くツボとしては、足裏の中央にあるツボ(足心)を押すのが効果的です。痛みを感じる程度まで親指で強めに押してからゆっくり離します。左右とも10回ほど繰り返して刺激をすると良いです。

続いて左足の中指と薬指の間からかかとへ5センチほど下にあるツボ(心臓)。右足にはありませんので左足のみとなります。親指を当てて足の甲側から残りの指で支えて挟み込み押しほぐします。

足裏の中指の下あたりに足を丸めた際に中心により上にくぼみができる場所にあるツボです(湧泉)。手の親指の腹を使って強めに3秒間押し続け指をゆっくり離して3秒間待つという動作を暖かくなるまで続けます。

足首の下にある内くるぶしの斜め下内くるぶしとかかとのちょうど間にあるツボ(水泉)。両手で包み込むように足首を抱え親指を当て軽めに優しく揉みほぐします。1分程度押し続けゆっくり離す動作を左右とも5回ぐらい繰り返してください。

ツボの場所を覚えるまでは難しいかもしれませんが覚えてしまえばそれほど時間のかかることではありませんし、入浴中やテレビを見ながらなど、隙間時間にできるためおすすめです。ぜひ試してみてください。

むくみにくい生活を送ろう

047
むくみは特に脚や顔に出やすいといわれています。脚や顔にむくみが出ていると、見ていてあまり気持ちのいいものではありません。出来れば、むくみは避けたいと思うものですね。

むくみは、生活習慣をしっかりとすることでむくみにくくなると言われています。早寝早起きや、規則正しい食生活を送るなどして、むくみにくい身体を目指しましょう。

寝る前に水分や塩分をとりすぎると、むくみの原因になってしまいます。適度な水分補給は大事ですが、水分補給をする時にはこまめに行うようにする事が大事だと言われています。

汗をしっかりと流すこともすごく重要になり、適度な運動も必要です。ウォーキングやジョギング、水泳など、有酸素運動を積極的に行うようにします。半身浴などをして、余分な水分を積極的に排出するのもすごくいい方法だと言われています。

自分の身体はむくんでいないかを知るのもすごく大事です。そして、むくんでいる時には、そのまま放置をせずに、リンパマッサージなどを行って血流をよくすることもすごく大事だと言われています。

むくみはその日のうちに取っておくことがすごく大事だと言われています。その日のうちにむくみを取っておくことによって、むくみにくい身体を作ることが出来ると言われています。

顔のむくみには、スキンケアをする時にマッサージを行ったり、脚のむくみの防止には、脚を高く上げる方法もあります。寝る時に脚を高く上げることによってむくみにくくなるとも言われています。

また、枕がちゃんとあっていない時にも、むくみの原因になると言われています。自分にしっかりとあった枕を選ぶこともすごく大事です。

むくみは放っておくと、慢性化してしまうので、生活習慣の中で、少しでも気になるところがあれば、一つずつ改善していくようにするといいですね。

少しずつ改善していくことで、どんどんむくみ解消につながっていくのです。そして、健康的な身体を目指すことが出来るのです。