妊娠中のむくみを解消する方法

025
妊娠を望む女性にとって赤ちゃんができることはとても喜ばしいことですが、妊娠は女性の身体に様々なマイナートラブルを引き起こします。その中でも、妊娠中のむくみは多くの人が経験します。妊娠中は女性ホルモンの影響を受けて水分を体内に蓄えやすくなることや、子宮が大きくなることで静脈を圧迫し血行が悪くなることが原因です。足がむくんで歩きづらかったり、顔が目に見えてむくんで腫れているという不快な妊娠中のむくみを改善するための方法を紹介します。

足の血流を良くするためにはウォーキングがとても効果的です。足は第二の心臓とも言われますが、妊娠中はお腹が大きくなることで、足の血管を圧迫して血流が悪くなりこのポンプ機能が鈍くなってしまいます。お腹が大きいと動くことが億劫になりますが、極端な運動不足は身体の血流を悪くしむくみの症状を酷くしてしまいます。出産に必要な体力をつけるためにも、ウォーキングのような適度な運動は必要です。

食生活を見直すことも大切です。腎臓は体内にある老廃物や汚い水分を濾過する働きをしますが、妊娠中は赤ちゃんの分の血液分も増えるため腎臓にいつもより大きな負担がかかります。ここに塩分の高い食事を摂ると、腎臓の機能が追い付かず水分が体外に排出しきれずむくみを引き起こします。妊娠中は、塩分は控えめに腎臓の働きを助けるビタミンCや不要な水分を体外に排出してくれるカリウムを積極的に摂りましょう。

また冷えには気を付けましょう。身体が冷えると血流が悪くなり体内にどんどん不要な水分を蓄えてむくみが出やすくなってしまいます。血流の滞ると必要な栄養が赤ちゃんに届きづらくなってしまいます。毎日温かいお風呂につかる、夏でも冷房はかけすぎない、腹巻をする等冷え性対策をしっかりとしましょう。

妊娠中のむくみは放置すると、妊娠高血圧症という怖い病気のきっかけに繋がってしまうこともあります。むくみを改善することはて、お母さんが健康的にマタニティライフを送るためにも、赤ちゃんが元気に生まれてくるためにも大切です。

痩せすぎも浮腫みを招く

043
浮腫みに悩んでいらっしゃる女性はとても多いと思います。
浮腫みと言えば、長時間立っていたりして足に水が溜まってしまったり、水分や塩分の摂りすぎで体が水を溜めやすくなってしまったり、他には、冷え性や運動不足のために血行が悪かったり、このようなことが原因で引き起こされることは、すでに良くご存じのことと思います。

言葉のマジックのようですが「浮腫みで足がパンパン~」という、この「パンパン」というフレーズのせいで、運動不足であったり、味の濃い、塩分過多の食事を好むような、どちらかと言えば「肥満体質の方」が浮腫みという問題を抱えている、と思われがちだと思います。

しかし、とても細い体で、細い足をしている方も、浮腫みを抱えているのです。

痩せすぎも浮腫みを招く、というお話をご紹介させて頂きたいと思います。
いわゆる、「痩せすぎ」の方は、大きく2つの理由で浮腫みという問題を抱えています。

1つは、痩せすぎることによって、脂肪だけでなく、必要な筋肉まで落としてしまったことが理由として挙げられます。

足の筋肉はポンプのような役割を持っており、その役割を果たす筋肉が無くなってしまったことで、足から水分、あるいは静脈から血液を引き戻せなくなるため、浮腫みという症状が引き起こされてしまうのです。

もう1つは、更に深刻で、痩せすぎによって、「低アルブミン血症」という状態になってしまった場合です。

「低アルブミン血症」とは、「低タンパク血症」のひとつです。

つまり、痩せすぎたことによって、体内の血液中に含まれるタンパク質の濃度が低下してしまった状態に陥ってしまうのです。

アルブミンは、毛細血管を通して体の水分を中へ引き込んだり、外へ出したり、調節する役割を担っています。

そのアルブミンがふそくしてしまうと、その調節機能がうまく働かず、余分な水分が流れ込み、溜め込まれてしまいます。これによって、浮腫みが起こってしまうのです。

このように、栄養失調によっても浮腫みが引き起こされてしまうのです。
浮腫んでいるからといって、過度なダイエットが足を細くするわけではありません。

必要な筋肉を保持し、適度な運動を心がけ、健康的でいることこそが、浮腫みの改善の早道なのです。

飲み物で簡単、むくみを解消!

038
女性が悩みがちな足のむくみ。靴が入らなくなったり、足がパンパンになったり。悩んだことがある方も少なくはないですよね。帰ったらマッサージをしようと思っていても、むくんだ足を見るたびになんだか憂鬱になってしまう人もいるはずです。それにできればむくみは防ぎたいですよね。むくみを予防できる簡単な方法を紹介していきます。

簡単に摂取できるものと言えば飲み物。実はむくみは飲み物で予防と改善をすることができるんです。むくみの原因のひとつに、血中の水分が多いことがあります。そのせいか、水分摂取は避けがちですよね。まずはむくみにいい飲み物の種類について考えていきましょう。むくみの予防に適しているのは、余分な水分を出すことです。ミネラルのたくさん入った飲み物は余分な水分を排出してくれるため効果があるとされています。例えばたんぽぽコーヒー。たんぽぽの強い利尿作用が、余分な水分を排出してくれます。さらに血液の循環を促すたんぽぽの成分は血行をよくする効果があるので、むくみに効果的です。そして冬などの寒い時期にオススメなのはしょうが湯です。しょうがは体を温めてくれますよね。さらに血行をよくする効果もあるんです。

次に飲むタイミングです。実は気づかないうちに体内の水分は失われています。水分の摂りすぎはむくみの原因になりますが、水分が少なくなってもむくみの原因になり得ます。つまり水分摂取はむくみ対策の鍵なのです。朝起きたらコップ一杯分を飲む。昼食を食べながら一杯。入浴前、入浴後に一杯ずつ飲む。寝る前にも一杯。このように、飲み過ぎない程度に最低でもコップ一杯分飲めば効果があります。

さて、むくみを予防する飲み物について関心を持っていただけたでしょうか。砂糖の多く入ったジュースなどは、水分をため込んでしまいます。また冷たい飲み物は腎臓に負担をかけ、水分の排出を遅らせてしまいます。これらの飲み物は避けたほうがいいでしょう。飲み物を効果的に摂取して、むくみのない生活を目指しましょう!