妊娠中のむくみを解消する方法

025
妊娠を望む女性にとって赤ちゃんができることはとても喜ばしいことですが、妊娠は女性の身体に様々なマイナートラブルを引き起こします。その中でも、妊娠中のむくみは多くの人が経験します。妊娠中は女性ホルモンの影響を受けて水分を体内に蓄えやすくなることや、子宮が大きくなることで静脈を圧迫し血行が悪くなることが原因です。足がむくんで歩きづらかったり、顔が目に見えてむくんで腫れているという不快な妊娠中のむくみを改善するための方法を紹介します。

足の血流を良くするためにはウォーキングがとても効果的です。足は第二の心臓とも言われますが、妊娠中はお腹が大きくなることで、足の血管を圧迫して血流が悪くなりこのポンプ機能が鈍くなってしまいます。お腹が大きいと動くことが億劫になりますが、極端な運動不足は身体の血流を悪くしむくみの症状を酷くしてしまいます。出産に必要な体力をつけるためにも、ウォーキングのような適度な運動は必要です。

食生活を見直すことも大切です。腎臓は体内にある老廃物や汚い水分を濾過する働きをしますが、妊娠中は赤ちゃんの分の血液分も増えるため腎臓にいつもより大きな負担がかかります。ここに塩分の高い食事を摂ると、腎臓の機能が追い付かず水分が体外に排出しきれずむくみを引き起こします。妊娠中は、塩分は控えめに腎臓の働きを助けるビタミンCや不要な水分を体外に排出してくれるカリウムを積極的に摂りましょう。

また冷えには気を付けましょう。身体が冷えると血流が悪くなり体内にどんどん不要な水分を蓄えてむくみが出やすくなってしまいます。血流の滞ると必要な栄養が赤ちゃんに届きづらくなってしまいます。毎日温かいお風呂につかる、夏でも冷房はかけすぎない、腹巻をする等冷え性対策をしっかりとしましょう。

妊娠中のむくみは放置すると、妊娠高血圧症という怖い病気のきっかけに繋がってしまうこともあります。むくみを改善することはて、お母さんが健康的にマタニティライフを送るためにも、赤ちゃんが元気に生まれてくるためにも大切です。